> 部活動> 登山部> 平成28年度活動実績 

登山部紹介

登山の大会は何をしているのかということをもっと知りたい方はこちら
                         → 登山部って何してるの?
登山部の過去 (Since H13~ ) の大会実績はこちら → 過去の大会実績
登山部の過去の活動実績はこちら → 平成22年度活動実績 
                    平成23年度活動実績 
                    平成24年度活動実績 
                    平成25年度活動実績 
                                                             平成26年度活動実績 
                                                             平成27年度活動実績 
              平成28年度活動実績
              平成29年度活動実績

 

平成28年度活動実績


2016/11/28

H28年度県高校新人登山大会の結果

| by:2016023
  11月も終わりに近づき、冬の到来を間近に控えた晩秋の最中、平成28年11月19日(土)~20日(日)の1泊2日の日程で、昨年と同じ阿南市の鍛冶ヶ峰・津乃峰山一帯においてH28年度県高校新人登山大会が行われました。この大会は9月に行われた選手権大会とは違い、次年度の総体の前哨戦となる本格的な大会です。例年ならば新人大会は2年連続で同じ会場で行われることはないのですが、今年は様々な事情でそうなりました。

 週間天気予報では土曜日は雨マークであり、今大会は雨が降るのではと気を揉んでいましたが、受付の始まる土曜日の午後からは晴天となり、関係者一同胸をなで下ろしました。また昨年はすでに季節は11月下旬であるにもかかわらず非常に暖かかったのですが、今年はそれ以上でむしろ暑いくらいでした。そのため選手が夜のテントが寒すぎて眠れないという心配も皆無だったことは非常に幸運でした。

 今年も県下各高校から男女合わせて56名、そして男子10チーム、女子3チームという、多数のパーティーが参加しました。人数、参加チームとも昨年よりも少し増え、ここ数年は大会に活気が出ています。また今年はほぼ全コースにチーム行動(自分たちのパーティーのみで歩く)が導入されるなど、審査基準が変更後の最初の新人大会となっています。

 1日目は阿南工業高校を会場に、テント設営・炊事・各種知識審査が行われ、夜の交流会では各校の出し物などで大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

 2日目は5時に起床し、1日目同様、おだやかで澄み切った青空の下、7時に登山行動を開始しました。今回のコースである鍛冶ヶ峰(228m)津乃峰山(280m)は頂上の神社が有名で、たくさんのコースが整備されています。また阿南市民の憩いの山として非常に人気がある山です。途中苦しい登りや、急な下り、長い階段などが続くところもありましたが、日頃のトレーニングの成果を発揮して全チーム完走することができ、気持ちのよい登山をすることができました。また心配していたチーム行動でも大きな事故もなく、11時30分には全員無事に阿南工業高校に帰還しました。

 結果は、男子は大きなミスはなかったものの、細かいミスが勝敗を分け、高得点ではあったものの2位となりました。女子は内容的に少し課題が残るところもありましたが、全分野において安定した強さを見せ、9年連続17度目の優勝と今年度最後の大会を優勝で飾ることができました。

 最後に今年1年を振り返ってみると、男子は総体では僅差で敗れたものの、四国大会ではリベンジを果たし優勝。代が変わって、選手権大会では優勝することができましたが、新人戦では惜しくも2位となりました。敗れた総体・新人戦とも高得点で、例年ならば優勝しても全く不思議ではないのですが、それ以上に池田高校やつるぎ高校が実力を付けています。敗れた大会はどちらも優勝校とは僅差の2位でしたが、3位校とも僅差だったことからも分かるように、次年度も激しい三つ巴の接戦が予想されます。これからはほんの少しのミスが勝敗を左右することを今以上に意識し、新しい審査基準の特性を考慮しながら、計画的に練習に取り組む必要があると感じました。

 女子は今年度、県総体、四国大会、県選手権大会、新人戦のすべてに優勝し、インターハイは入賞できなかったことは残念でしたが、11位という素晴らしい成績を収めることができました。そしてこの結果に油断することなく、勝っても兜の緒を締めて課題の克服に努め、冬場にはもっとトレーニングを積み、来年度も今年度の成績に恥じないような結果を残したいと思います。最後にこの場を借りて活動を支えて下さったたくさんの方々にお礼申し上げます。多方面からの応援本当にありがとうございました。そして来年度もよろしくお願いします。



 

    
結  果     ○  男子団体   2   位                                          97.8点    
                   (
佐野 将基  ・  久米 航輝  ・ 佐々木理人 ・ 北野 優 )

               ○  
女子団体   優  勝    ( 9年連続17度目 )       98.0点    
                   (
村上はるか ・ 庄野 友麻 ・ 辻 瑛衣美 ・ 新開 未玖 )
            



            鍛冶ヶ峰八ヶ条                鍛冶ヶ峰頂上です            津乃峰神社にて

  

      橘湾を望む                    優勝カップ返還            テント設営中

  

      男子夕食中                  女子夕食中                交流会の様子

  

      出発前の集合                  男子行動中              女子行動中

  

     井関の池にて(女子)            井関の池にて(男子)        女子優勝カップ授与

  

       女子9連覇                 男子惜しくも2位                全員集合

  

08:17 | 投票する | 投票数(16)