> 部活動> 登山部> 平成29年度活動実績 

登山部紹介

登山の大会は何をしているのかということをもっと知りたい方はこちら
                         → 登山部って何してるの?
登山部の過去 (Since H13~ ) の大会実績はこちら → 過去の大会実績
登山部の過去の活動実績はこちら → 平成22年度活動実績 
                    平成23年度活動実績 
                    平成24年度活動実績 
                    平成25年度活動実績 
                                                             平成26年度活動実績 
                                                             平成27年度活動実績 
              平成28年度活動実績
              平成29年度活動実績

 

登山部 平成29年度活動実績


2017/12/19

H29年度県高校安全登山研修会

| by:2017023

 平成29年12月17日(日)に県高校安全登山研修会が神戸市須磨区の須磨アルプス一帯で行われました。8年前から始まったこの行事は今回で5回目となります。
 基本的には隔年での開催ではありますが、昨年は天候不良のため実施できなかったため、3年ぶりの開催となりました。そのため現6年生が一度も参加できなかったことは心残りでしたが、今回も県内の登山部員と顧問の合わせて55名の参加者があり、本校からも9人の部員が参加しました。

 この須磨アルプスのコースは3年前の第4回と同じコースです。高倉台団地からの急な400段の階段など苦しい上りも部分的に存在しますが、大半は緩やかな尾根道です。なのでアルプスと言っても日本アルプスのような高く険しいものではなく、神戸市民の散歩コースと言った方がよいかも知れません。また六甲全山縦走のコースの一部でもあるため、途中たくさんの市民の方々やトレランをする人たちにお会いしました。コースの最大標高は横尾山(312m)で眉山より少し高いぐらいです。

 7時に城ノ内高校をバスで出発し、源平合戦ゆかりの一ノ谷に近い須磨浦公園から鉢伏山、鉄拐山、栂尾山、横尾山、東山、妙法寺駅までのコースを4時間あまりで縦走しました。本コースが須磨アルプスと言われる所以は、横尾山~東山の区間が風化した花崗岩の岩場(通称 馬の背)となっており、それがアルプスの岩場の風景に似ていることから付けられたそうです。詳しくは下の写真をご覧下さい。(平成22・24・26年度の活動実績にも同じ場所の写真を掲載しています)

 当日は真冬ということもあり、冷たい北風が吹くものの天気は快晴で、天候面では恵まれた山行となりました。またコースを歩く中で美しい瀬戸内海を眺めたり、読図や歩行など登山技術に関する様々な研修を行うことができ、有意義なものとなりました。次はまた2年後の開催となりますが、ぜひ参加したいと思います。


旗振山から明石海峡大橋を臨む       鉄拐山(234m)                横尾山(312m)

  


      須磨アルプス1                          須磨アルプス2                            須磨アルプス3

  


20:36 | 投票する | 投票数(14)