> 部活動> サッカー部 

部長から

サッカー部

 僕たちサッカー部は,毎日厳しい練習に励んでいます。一人一人が高い意識を持ち,チーム一丸となって一つでも多く試合に勝てるように頑張っています。昨年は全国大会への出場を果たすことができなかったので,その悔しさをバネに今年こそは全国大会へのキップを手に入れたいです。これからも応援よろしくお願いします。

 

活動実績

サッカー部 >> 記事詳細

2019/11/17

中学校サッカー新人大会3回戦結果

| by:2019064
VS鴨島一 0-3(前半0-1)3回戦 敗退
 11月17日新人戦3回戦が北島中でありました。
 2回戦から2週間。守備はカバーリングとヘディング、攻撃は攻守の切り替えの中での縦パスとサイドを起点とした組み立てを練習した。その成果がどこまで発揮することができるか。
 試合開始。試合の流れは本校ペース。守備が機能して、相手が慌てて蹴っているので、セカンドボールが拾えている。サイドを起点とした攻撃もでき、相手のゴール前に何度か迫れている。しかし、いいペースで入れているときは油断禁物。相手は左サイドを中心に素早い攻撃を仕掛けてくる。なんとか防いでいたが、前半の半分途中の時間帯、左サイドからカウンター、DFラインを突破され、GKがつめるも先制点を奪われる。けど、時間はまだまだある。気持ちを切り替えてやり直す。前半終了間際、またも左サイドから相手のカウンター、DFラインに抜けたボールをGKが果敢に飛び出してスライディング。しかし、これが反則をとられ、GKは退場となる。
 0-1で負けている、しかも1人人数が少ない状態。非常にピンチだ。しかし、このピンチをチャンスに変える必要がある。チームがまとまるチャンスだ。苦しい状況だからこそ、みんなで協力して、退場したチームメイトのためにもいい試合にしたい。そうみんなに話して後半の作戦を伝えた。
 後半開始。1人少ない状態だが、なんとか頑張っている。しかし、ジリジリ相手は攻撃の圧力を強めている。コーナーキックのピンチ。中での競り合いに負けて2失点目。それでも2点差はまだ勝負ができる点差。1点取ったら流れを取り戻せる。諦めずに、後半の作戦をいかすために、生徒は頑張っている。しかし、無情な判定でPKを取られ、3失点目。そのまま敗退となった。
 生徒は非常によく頑張った。しかし、練習したヘディングで追加点を奪われ、以前からの課題であったコーチングは相手の方が上回っていた。そこをチームとしてどう受け止めるか。すべては、次のスタートラインにたつときに、どんな姿勢で練習に臨むかそれが次の成長の目安となる。
16:57 | 投票する | 投票数(4)

活動の様子

サッカー部

平成25年度県総体サッカー競技の写真を開きます。
40枚
平成25年度県総体サッカー競技の写真

登録者:kujimeh | 2013/06/14(9票)