> 部活動> サッカー部 

部長から

サッカー部

 僕たちサッカー部は,毎日厳しい練習に励んでいます。一人一人が高い意識を持ち,チーム一丸となって一つでも多く試合に勝てるように頑張っています。昨年は全国大会への出場を果たすことができなかったので,その悔しさをバネに今年こそは全国大会へのキップを手に入れたいです。これからも応援よろしくお願いします。

 

活動実績

サッカー部 >> 記事詳細

2019/01/14

徳島市中学校サッカー新人戦 結果

| by:2018071
グループリーグ(3チーム)2位以内で決勝トーナメント進出が決まるので、一戦目の勝敗が非常に大きな意味を持つ。それを生徒も理解しての一戦目。
VS富田・津田中 0-1 負け
 まず守備を安定させ、少ないチャンスをものにする作戦をとる。全員の守備意識が高く、中盤でハイプレスをかけることに成功する。DFラインはしっかりとした押し上げと修正(下がる)を繰り返し、安定した守備網を実現。攻撃はボールを奪ってからのカウンターが鋭く、幾度となく相手DFラインの裏を突くことに成功するが、決定機を決めきれないまま、前半が終了。
 後半は相手のギアが上がることが予想されるので、それに耐えて相手が疲れたところにカウンターを仕掛ける作戦。しかし、予想以上に相手の勢いが強い。押し込まれる時間帯が続いたが、よく耐えしのいでいた。少ないチャンスを活かそうと試みるが、得点を奪うまで至らず。逆にアディショナルタイムに入って、相手に押し込まれて失点。非常に悔やまれる一戦となった。もし10mでも大きく蹴れていたら、30cmでも相手に寄せられていたら、確実にボールをキャッチできていたら・・・・全員が悔いの残る試合となった。
VS 南部中 0-5 負け
 わずかな望みにかける二戦目。悔やまれる一戦目から気持ちを切り替える必要があったが、結果的にうまく気持ちを切り替えることができなかった。もし一戦目が引き分けで、二戦目に決勝トーナメント進出が決定する状況であったなら、気持ちを切り替えて二戦目を戦えただろうか。そう仮定して考えたとしても、自信を持って「戦えた」と言える試合内容ではなかった。私も生徒も予選リーグを突破する準備ができていなかったのではないかと反省する。しかし、生徒は確実に成長している。あとは日頃の練習・学校生活を自主的・主体的に取り組めるかどうか。「やらされている状況」では成長のスピードも遅い。自分が努力したことが、よい結果につながることを実感しつつあるので、このときに自主的・主体的に取り組む習慣を身につけてほしい。顧問S
17:48 | 投票する | 投票数(8)

活動の様子

サッカー部

平成25年度県総体サッカー競技の写真を開きます。
40枚
平成25年度県総体サッカー競技の写真

登録者:kujimeh | 2013/06/14(9票)