> 学校生活 

学校生活

中学校・高等学校 >> 記事詳細

2018/07/26

夏期講座(理科)

| by:2018065
  •  7月25日(水)城ノ内中学校にて,夏期講座(理科)を実施しました。
     鳴門教育大学より寺島幸生先生が来てくださり,「理科自由研究,探求活動の進め方」について講義して頂きました。
    <講義内容>
    1)理科自由研究,探求活動の進め方について(講義)
    2)ミニ自由研究「アルミカップの落下運動」(実験説明,グループ実験,データ整理)  
     ・アルミカップ1枚を小さく丸めたものを設定した高さ(2m)から落とし,着地までの滞空時間をストップウォッチで計る。
     ・カップそのままを同じ高さから落とし,滞空時間を計る。
     (重ねるカップ枚数を変えて実験を行う。)
     ・枚数と滞空時間の関係をグラフにし,グラフから関係性を考察する。
    3)グループ別に結果発表,まとめ

 生徒たちは,この夏期講座に参加することで,夏休みの自由研究の進め方のコツをつかめたようでした。各グループからのグラフの説明と考察についても,寺島先生よりご講評をいただき,グラフのまとめ方の良い点,改善点などアドバイスをもらいました。夏期講座を終えて,「今回の夏期講座で,グラフの大切さが分かった。自分の自由研究に生かせたら、いい研究になるなと思った。」と感想を話してくれる生徒もいて,どの生徒たちも,大変積極的に講座に取り組めました。この夏期講座で学んだことを,自分たちの自由研究に生かしていってほしいと思いました。

   



    


11:50 | 投票する | 投票数(6) | 中学校