> 部活動> 登山部 

部長から

登山部

イラスト:OGの栗本さんの作品

 そもそも登山部とは謎に満ちている。この話題になるとほとんどの人は「登山部って何するん?」とか「山に速く登った方が勝ちなんだろ?」という風に聞いてくるが,現実はそんな単純なものではなく,もっと奥は深い。でもこれは入部してみないと分からないところが残念である。
 実際,登山の大会は体力はもちろん,地図の読み方や天気図の書き方,キャンプの楽しみ方,料理の仕方,応急処置の仕方や雲や植物の勉強など,安全登山をするために必要な知識や技術をどれだけ習得しているかという観点で競われている。学校の勉強(地理や地学,生物)にかなり関係しており,部活動をしながら学習ができるものはきっと登山部ぐらいのものだろう。
 また,ラジオの放送を聴きながら天気図を書いたりするので気象予報士に興味がある人もかなり役に立つ。過去には徳島の気象台の方に教えてもらっていたこともある。
 それ以外にもここでは言い尽くせないことがたくさんあるので,こんな部活動に興味のある人。一度ぜひ見学に来てみてください。新しい発見があること間違いなしです。
 私達登山部は,仲良く,楽しく,勝負強くをモットーに活動しています。練習登山や合宿においては山や自然に親しむ一方,大会においては常に優勝することを目標に掲げ,昨年度は県内大会のほとんど男女とも優勝し,四国大会では男女アベック優勝(男子は2連覇・女子は4連覇),インターハイでも好成績を収めるなどこれまでの集大成ともいえるような素晴らしい結果を残すことができました。本年も登山部は更なる飛躍を遂げ,今まで果たせなかった全国の頂点を目標に部員みんなで力を合わせて頑張ります。

 

登山部紹介

登山の大会は何をしているのかということをもっと知りたい方はこちら
                         → 登山部って何してるの?
登山部の過去 (Since H13~ ) の大会実績はこちら → 過去の大会実績
登山部の過去の活動実績はこちら → 平成22年度活動実績 
                    平成23年度活動実績 
                    平成24年度活動実績 
                    平成25年度活動実績 
                                                             平成26年度活動実績 
                                                             平成27年度活動実績 
              平成28年度活動実績
              平成29年度活動実績

 

平成30年度の活動


2018/07/18

H30年度四国高校登山選手権大会の結果

| by:2018022
 平成30年6月15日(金)~17日(日)の2泊3日の日程で、県総体と同じ徳島県剣山山系の中尾山キャンプ場~赤帽子山~夫婦池~剣山(塔丸)コースにて ※( )内は女子 第60回四国高等学校登山選手権大会が行われました。毎年の事ながら梅雨まっただ中ということもあり、大会までは日々週間天気予報を眺める毎日でしたが、大会中の天気予報は土曜日が曇りである以外は総体に引き続き晴れの予報となっており、雨の心配はなさそうということで、一同胸をなで下ろす思いでした。初日はつるぎ高校に集合し、バス乗車後、各県代表校とともに中尾山高原キャンプ場へと向かいました。

 下界は大変暑かったのですが、中尾山高原はさすが標高1060mの地点にあるだけあって、涼しい風が吹き、非常に心地よく過ごすことができました。そして開会式では昨年同様、男女ともそろって優勝カップを返還し、レプリカを授与された後、設営審査、体育館でのペーパーテスト、炊事・装備などの審査を行い1日目は終了しました。

 翌日は一面ガスがかかっているも、天気は大丈夫そうで、4時に起床して朝食をとり、予定通りグラススキー場の横を通って夫婦池までのチーム行動を行いました。赤帽子山の稜線を過ぎたあたりからガスも取れて、剣山や一ノ森の美しい姿をはっきりと見ることができ、県外からのチームも満足してくれたのではないかと思います。その後夫婦池で全員昼食を食べ、それからはずっと隊行動で、男子は剣山、女子は塔丸へ向かって別々の行動となりました。午後からは天候はずっと安定し、予定通り男女とも宿舎へ到着し、温かいお風呂とおいしい食事、そしてふかふかの布団で眠り、今日の苦しい山行の疲れも吹き飛んで、ゆっくりと休むことができました。

 3日目も快晴で、予定通り女子は剣山、男子は次郎笈へ向けて出発しました。頂上からは三嶺をはじめ徳島の山々がその美しい姿を見せ、それまでの疲れはいっぺんに吹き飛んでしまうようでした。そして頂上で全員の集合写真を撮った後、見ノ越へと下り、全員無事に帰還しました。


 今回の四国大会はこの時期にしては大変珍しく、3日間とも雨に降られることなく幕を閉じました。結果は3年連続のアベック優勝はならず、女子の四国大会の連覇も8でストップし、男女とも2位に終わりました。
 振り返ってみると、男子は優勝した池田高校とは総体の時もそうでしたが、戦力的にはほぼ差はなく、ほんの少しのミスが明暗を分けた結果になりました。女子は大会前から懸念していたペーパーテストの差を最後まで挽回することができず完敗でした。また過去の先輩から受け継いだ連覇のプレッシャーと戦いながらの大会で精神的にかなり辛かっただろうとは思います。しかし連覇というものはいつかは破られるもので、落ち込むことなくこの結果を次の教訓にし、新たな気持ちで徳島県代表としてインターハイに臨んでほしいと思います。接戦をものにして優勝した総体と惜しくも敗北した今大会という相反する2つの経験は、受験や今後の人生に必ず役立つと信じていますので頑張って下さい。

 
   結  果    ○  男子団体   2   位                 98.5点    
                   (
北野  優   ・  國重 俊輔  ・ 内藤 勇魚 ・ 武市  悠  )


              ○  女子団体    2   位                 97.6点    
                   ( 辻 瑛衣美
新開 未玖  ・ 藤井 結萌 ・ 福池 夏実 )
          
 

 次はいよいよ 8月3日(金)~7日(火)において、登山は三重県鈴鹿山脈の御在所山・釈迦ヶ岳・鎌ヶ岳一帯にてインターハイが行われます。これが高3生にとっての最後の大会となります。四国大会の反省を踏まえて一つでも上の順位を目指し、悔いの残らない大会にしたいと思いますので、応援よろしくお願いします。



      中尾山高原での開会式         テント場の様子             ペーパーテストの様子

  

       女子夕食中              女子チーム行動中            夫婦池にて

  

    女子隊塔丸へと進む       ラフォーレつるぎ山での夕食       男子剣山頂上にて

  

  男子隊ジロウギュウに集結      男子剣山頂上での夕日      剣山頂上ヒュッテでの夕食  

  

    女子隊剣山山頂で集合           閉会式の様子           惜しくもアベック2位 
              

  

19:44 | 投票する | 投票数(11)

活動の様子

登山部

インターハイの様子を開きます。
20枚
インターハイの様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(5票)
県内大会・四国大会の様子を開きます。
20枚
県内大会・四国大会の様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(0票)
国体の様子を開きます。
4枚
国体の様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(1票)
練習の様子を開きます。
24枚
練習の様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(1票)