> 部活動> 百人一首部 

部長から

私たち百人一首部は,中学生,高校生ともに,メンバー全員で,昇級,昇段に向けて,現在,日々練習に励んでいます。
 

活動記録

百人一首部活動日誌 >> 記事詳細

2017/07/27

小倉百人一首かるた四国地区大会結果

| by:2017014
 第22回全国高等学校文化連盟小倉百人一首かるた四国地区大会が6月10日に高知県の高知共済会館で開催されました。本校からは,県代表の佐野真梨奈,濱松あゆみ,戸梶真奈の3名が副将,三将,五将として参加しました。当日は主将が怪我で負傷していたため,7名での戦いとなりました。抽選で第1試合は愛媛県,第2試合は香川県,第3試合は高知県との対戦が決まりました。
 第1試合は愛媛県が弐段3名,徳島県2名で厳しい試合になると予想されました。中盤は相手の主将が14枚差で勝ち,佐野が11枚差で勝ち,互角の戦いでした。後半に入って濱松が6枚差で勝利。徳島が2対1でリードしました。しかし,後の二組の対戦は互角のまま運命戦を迎えました。札は愛媛県に揃えられていました。戸梶が相手の札を抜き,勝利。3対2でかろうじて徳島県チームが勝つことができました。会心の勝利でした。
 第2試合は香川県,弐段3名でこちらも厳しい戦いが予想されました。オーダーは奇しくも香川の弐段3名が本校3名と当たるという結果となりました。徳島県は副将から六将で戦いに挑みました。まず四将が19枚差で勝ち,良いスタートを切ることができました。後半に入り,次第に雲行きが怪しくなりました。5枚差で本校の3名が敗れ香川の勝ちが決まってしまいました。最後は八将が運命戦で勝ち、意地を見せたことは今後の大会につながると感じさせられました。悔いの残る試合となりました。…続く。
10:34 | 投票する | 投票数(12)