> 部活動> 登山部> 平成24年度活動実績 

平成24年度活動実績

登山部
2013/03/01

H24年度卒部式

| by:miyamotot
平成25年3月1日(金)の卒業式の後、今年も中学校の理科室をお借りして高3生6名の卒部式を行いました。

 この学年は男女3人ずつの大所帯で、全員高1の最初から入部してくれたメンバーでした。能力的に、ものすごく秀でていたわけではありませんでしたが、それを補うために堅実かつ着実に努力を積み重ねた結果、男女とも県内や四国の大会ではすべて優勝してインターハイでも過去最高順位を得るなどたくさんの輝かしい実績を残してくれました。また外部からも様々な賞を頂くなど、昨年同様後輩たちにいい影響を与えてくれました。

 卒業してそれぞれの進路に進んでも、部活動で培った経験を忘れずに頑張って下さい。3年間本当にお疲れ様でした。


                  男 子 集 合                                    女 子 集 合

                        

18:41 | 投票する | 投票数(9)
2013/02/17

H24年度県高校安全登山研修会

| by:miyamotot
 平成25年2月16日(土)に県高校安全登山研修会が神戸市須磨区の須磨アルプス一帯で行われました。

 3年前から始まったこの行事には、今回も県内の登山部員、顧問合わせて90名あまりの参加者がありました。本校からもすでに進路の決まった6年生を含む13人が参加しました。

 この須磨アルプスは3年前の第1回目と同じコースです。アルプスと言っても北アルプスのような険しいものではなく、神戸市民の散歩コースと言った方がよいかも知れません。今年も散歩中のたくさんの市民の方や今ブームのトレランに励む方にたくさんお会いしました。コースの最大標高は横尾山(312m)で眉山より少し高いぐらいです。

 7時に城西高校をバスで出発し、須磨浦公園から鉢伏山、鉄拐山、栂尾山、横尾山、東山、妙法寺駅までのコースを4時間あまりで縦走しました。須磨アルプスと言われる所以は、その中で横尾山~東山の区間の風化した花崗岩の岩場(通称 馬の背)がアルプスの風景に似ていることから付けられたそうです。詳しくは下の写真をご覧下さい。(平成22年度の活動実績にも同じ場所の写真を掲載しています)

 当日は真冬ということもあり、冷たい北風が吹くものの天候には恵まれた山行となりました。コースを歩く中で読図や歩行など登山技術に関する様々な研修を行うことができ、有意義なものとなりました。来年度の開催はだんだんと予算が厳しくなり、まだ未定だそうですが、もし行われるならば来年もぜひ参加したいと思います。


        鉄拐山(234m)男子            旗振山から明石海峡大橋を臨む        全員集合(おらが茶屋展望台)

   


           須磨アルプス1                   須磨アルプス2                  須磨アルプス全景

   

16:10 | 投票する | 投票数(7)
2013/02/11

H24年度各種表彰

| by:miyamotot
平成24年10月27日(土)に板野町の総合教育センターで行われた、徳島県藍青賞授賞式に出席しました。
 この賞は文化・スポーツの分野において顕著な功績を上げた、徳島県の児童・生徒および団体に与えられるものです。体育の分野では具体的には全国大会入賞(8位以内)にしか与えられないので、高校運動部としては大変名誉なものでもあります。
 今年は新潟インターハイで男女アベック5位入賞という結果、本校登山部は男子が2年前に引き続き3度目。女子も男子と同じく2年前に引き続き4度目の受賞となりました。男女併せて7度も受賞して頂けるのは大変光栄なことでもあるし、何より今後の励みになりました。今後も藍青賞の受賞団体として恥じないような活動をしていきたいと思います。

 その約3か月後の2月11日(月)にあわぎんホールにおいて、平成24年度徳島県体育協会のスポーツ優秀者に部員8名が選ばれ、表彰式に出席しました。
 このスポーツ優秀者表彰制度は5年前に創設され、団体競技の場合でも全国大会で入賞した個々に県の体育協会からその栄光を称える盾が贈られます。また上述の徳島県藍青賞は教育委員会の表彰であるので、主に小中高生の団体に与えられますが、こちらは体育協会に加盟している団体すべてが対象であるので、一般の方々やローラースケートやボーリング、サーフィンなど学校のスポーツの大会にないような様々な競技に対しても表彰されています。
 インターハイの登山競技は6位以内が入賞であるため、アベック7位であった2年前はこの賞はもらえませんでした。よって平成21年度の兵庫インターハイで男子種目縦走2位以来の表彰となります。
 表彰式では会長の飯泉嘉門徳島県知事から1人ずつ盾が手渡されました。この賞もまた来年も頂けるよう今後も励んでいきたいと思います。

 
         平成24年度藍青賞授賞式(総合教育センター)       徳島県体育協会表彰式(あわぎんホール)

                              
20:54 | 投票する | 投票数(9)
2012/11/26

H24年度県高校新人登山大会の結果

| by:miyamotot
 11月も終わりに近づき、冬の到来を感じる晩秋の最中、平成24年11月24日(土)~25日(日)の1泊2日の日程で、勝浦町の中津峰山一帯においてH24年度県高校新人登山大会が行われました。この大会は9月に行われた選手権大会とは違い、次年度の総体の前哨戦となる本格的な大会です。
 また
昨年に引き続き県下各高校から男女合わせて70名、そして男子10チーム、女子8チームという、多数のパーティーが参加しました。他の四国3県はもとより、減少している現在の全国の高校登山部員数からは考えられないことです。何にしても大会に活気が出て、いい緊張感があり俄然やる気が湧いてきます。

 1日目は小松島西高校勝浦校を会場に、テント設営・炊事・各種知識審査が行われ、夜の交流会では各校が出し物などを行って大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

 2日目は5時に起床し、昨日までの天候とは打って変わって、澄み切った青空の下、7時に登山行動を開始しました。今回のコースである中津峰山(773m)は徳島側からはたくさんのコースが整備されています。また車でもほとんど登れるため、徳島市民の憩いの山として非常に人気があり、大会当日もたくさんの登山者に出会いました。その一方、勝浦側からの四国のみちを通るコースは標高差740mを一気に登るため、剣山山系にも劣らない非常に厳しいコースでもあります。特に星の岩屋からは階段の続く厳しい登りが長く続きましたが、全員が日頃のトレーニングの成果を発揮して1人も遅れることなく完走することができ、気持ちのよい登山をすることができました。

 結果は、男女とも全分野において安定した強さを見せ、男子は昨年の雪辱を果たし、2年ぶり5度目の優勝、女子は5年連続13度目の優勝と今年度最後の大会をアベック優勝で飾ることができました。特に女子は非常に高得点での優勝となり、次年度へ向けて期待が持てる結果となりました。

 最後に今年1年を振り返ってみると、本校登山部は今年度、県総体、四国大会、県選手権大会、新人戦のすべてに男女アベック優勝し、インターハイも男女アベック5位入賞という過去に例を見ない素晴らしい成績を収めることができました。しかし好事魔多しといいます。この結果に油断することなく、冬場にもっとトレーニングを積んで、来年度も今年度の結果に恥じないような結果を残したいと思います。最後にこの場を借りて活動を支えて下さったたくさんの方々にお礼申し上げます。多方面からの応援本当にありがとうございました。そして来年度もよろしくお願いします。
 
 
    
結  果     ○  男子団体   優  勝    ( 2年ぶり5度目 )        98.7点    
                   (山田 雄大 ・ 遠藤研太郎 ・ 大飯田光紀 ・ 上田 竜生)

              ○  
女子団体   優  勝    ( 5年連続13度目 )     99.6点    
                   (真鍋はるか ・ 三好 菜月 ・ 長浜 美瑛   ・ 西岡 美玖)



      中津峰山山頂(773m)               女子優勝カップ返還                  女子テント設営

  

          女子食事中                  交流会男子のダンス                   女子出発前

  

          女子休憩中                     男子休憩中                星の岩屋の燃えるような紅葉

  

        男子2年ぶり優勝                       女子5連覇                       全員集合

  

16:58 | 投票する | 投票数(8)
2012/10/08

H24年度 秋山合宿

| by:miyamotot
 男子は平成24年9月22日(土)~23日(日)、女子は平成24年10月6日(土)~7日(日)の1泊2日の日程で、H24年度の秋山合宿を行いました。今回で9回目のこの合宿は平成16年からずっと西祖谷の空音遊というところで行っており、大会のための登山というものではなく、純粋に紅葉を見て山を楽しみ、夜はBBQをして部員同士の親睦を深めるという、年に一度の息抜きの行事と位置づけています。男女一緒に行う方が良いのですが、今年度も人数の関係でやむを得ず別々となりました。

 まず男子ですが、1日目はまずは三嶺(1893m)に登りました。この山はコメツツジの紅葉や美しいミヤマクマザサの群落のため花の100名山にも選定されており、毎年、県内外からたくさんの登山客が訪れている有名なところです。そして頂上では360度の素晴らしい展望が得られます。昨年は女子がこの山に登ったのですが、鹿の食害を防ぐネットが以前よりたくさんの場所につけられていました。今回も昨年同様、遭難を防ぐため新しく作られた登山道を登ったのですが、快適に尾根道を歩くことができました。頂上直下は厳しい登りでしたが、約2時間で全員無事に頂上に到着しました。今年も天候はよく、素晴らしい展望が楽しめましたが、まだ紅葉には早すぎた感が否めません。その後少し下り三嶺ヒュッテの前で昼食をとり、下山後はホテルまんなかの温泉に入り、その後空音遊へ。そして夕方にはBBQや焼きそばを作って楽しみ、1日目は過ぎていきました。

 次は女子ですが、1日目はまずは天狗塚(1812m)に登りました。この山もコメツツジやミヤマクマザサが美しく、頂上で360度の素晴らしい展望が得られる山です。しかし頂上までは厳しい登りで2時間半ほどかかります。昨年は男子がこの山に登ったのですが、途中の林道が土砂崩れで通行止めになっており、1時間ほど余分に林道を歩かされた分だけ予定より遅れたのですが、今年はそんなこともなくすんなりと駐車場まで車で移動できました。日頃のトレーニングのおかげで予定より早く天狗峠(旧躄峠)に着いたので先に頂上へ行くことにしました。三嶺同様、直下の上りは少しきついですが、全員無事に頂上に到着し、天候もまずまずで素晴らしい展望が楽しめました。そして下山途中の平地で昼食をとった後、サンリバー大歩危で温泉に入り、その後空音遊へ。そして夕方になると昨年同様、持ち寄った材料でBBQや焼きそばを作って楽しみ、きれいな星空を眺めながら1日目は終わりました。

 2日目は男女とも管理人さんの紹介でうどん打ち名人のところに全員でうどん打ち体験に行きました。この体験は2年に1回だけ秋合宿で行っている恒例行事の1つです。人に作ってもらうのではなく、自分でうどんを打ち、湯を沸かし、ネギをきざみ作ったうどんはとても美味しかったです。その後、塩塚高原の最高峰である塩塚峰(1043m)に登りました。少し食べ過ぎた体も、食後の適度な運動と高原の心地よい風に吹かれることで元通りに戻っていきました。その後帰路につき、無事秋合宿を終えることができました。次はいよいよ新人戦。選手権大会の余勢を駆り、男子は昨年の借りを返し、女子は連覇を目指してアベック優勝できるよう頑張ります。



     三嶺(1893m)山頂(男子)           三嶺ヒュッテと池をバックに                  男子BBQ中

    

     天狗峠(旧躄峠)より天狗塚          天狗塚(1812m)山頂(女子)                 女子BBQ中

    

      ネギをきざみナスを切る                うどん粉をこねる                    麺棒でのばす

              

          そして切る                塩塚峰(1043m)山頂(男子)           塩塚峰(1043m)山頂(女子)

    

16:28 | 投票する | 投票数(8)
2012/09/30

H24年度県高校登山競技選手権大会の結果

| by:miyamotot
 平成24年9月29日(土)に三好市池田町の箸蔵山一帯でH24年度県高校登山競技選手権大会が行われました。この大会は新しいチームのための研修会的な要素が強く、個人戦があり、団体戦の順位はその順位点の低い3人の合計で競われます。今回も県下各高校から、男女総勢69名が参加しました。

 本来ならば9月29日(土)~30日(日)の1泊2日の日程で、初日は各種知識・実技講習、2日目は箸蔵山での読図講習が行われる予定でした。
 しかし、30日(日)に台風17号の四国接近が確実で、ほぼ間違いなく暴風警報が発令されると言うこともあり、顧問の先生方で話し合った結果、生徒の帰りの足の問題や安全に配慮して日程を1日に短縮して大会を行うということに決定しました。これは選手権大会が始まって以来、初めての事だそうです。

 そして具体的には、時間の都合上、もう雨も降り始めているということもあり、初日のテント設営講習と翌日の箸蔵山での読図講習をカットして、天気図などの知識審査のみで順位を決定するということになりました。秋の登山を楽しみにしていたたくさんの生徒たちにとっては残念ではありましたが、今回のケースは専門委員長も閉会式で述べたように、自然を相手にするスポーツにおいては安全を確保するための「勇気ある撤退」が必要なその場面であり、適切な判断だったと思います。

 結果は、男子は6年連続6度目の優勝、女子も2年連続6度目の優勝で男女アベック優勝を果たしました。

 しかし特に男子は優勝したものの薄氷を踏むような状態であり、追われる立場を痛感した大会であったと思います。これからも課題を克服して先輩たちの結果に近づけるよう練習に励み、次の新人戦でも男女とも優勝を狙いたいと思います。多方面からの応援ありがとうございました。
 
 
  結  果     ○  男子団体  優 勝  (6年連続6度目) 13点    
           (山田 雄大・遠藤研太郎・上田 竜生)

         
 女子団体  優 勝  (2年連続6度目)  8点    
           (長浜 美瑛・三好 菜月・中園 真衣)

          
 
          男子個人   2 位    山田 雄大   
                  3 位    遠藤研太郎

             
               ○ 女子個人  優 勝     長浜 美瑛   
                  2 位      三好 菜月

                 5 位    中園 真衣



     天気図講習の様子です           男子6連覇                女子2連覇

  

11:11 | 投票する | 投票数(9)
2012/08/14

H24年度インターハイ登山大会(新潟)の結果

| by:miyamotot

 平成24年8月7日(火)~11日(土)の4泊5日の日程で、新潟・群馬・長野の3県にまたがる苗場山・平標山・三国峠一帯にて第56回全国高等学校登山大会が行われました。

 今までのインターハイは酷暑や大雨に見舞われたりと、必ずしも楽しいとは言い難いものでしたが、今回は下見の時も大会期間中も好天に恵まれ、また幕営地の苗場プリンスホテル前ゲレンデも、標高910mというだけあって非常に冷涼で快適に幕営することができました。ただ大会中の苗場山コースだけはガスのため、素晴らしい高層湿原が望めなかったのが残念です。本大会のコースは過去のインターハイと比較しても非常に厳しいコースで、選手たちに少し気を揉む場面もあったのですが、それでも何とか登山行動を行うことができ、最終日まで全員が元気に完走することができました。

 結果は、ついに男女とも全国の有力校と肩を並べるところまで到達し、男子はそつなく全分野において、女子は特に体力・記録などの分野においては全国トップクラスの力を見せ、城ノ内高校としてだけでなく徳島県としても過去最高順位で、初の男女アベック5位入賞をすることができました。

 
 ただ男女ともまだまだ見直し、反省すべき点はあります。新チームではこれらを克服して、次は全国の頂点を目指し、より一層頑張っていきたいと思います。
 そして6年生はこれで部活動は引退となりますが、これからはこの経験を生かし、受験を乗り切って下さい。
 今回も多方面からの応援、本当にありがとうございました。

 
   
結  果    ○  男 子 団 体   5  位       97.3点    
              (野間 隆礼 ・ 石田 晃基 ・ 河野 健人 ・ 山田 雄大)

             ○  
女 子 団 体   5   位        95.4点    
              (武田 真帆 ・ 島田佳南里  ・ 出口 優希 ・ 真鍋はるか)


     先輩が激励に来てくれました               中ノ芝での一コマ                    雄大な苗場山です

  

       苗場高層湿原その1                苗場高層湿原その2               苗場山(2145.3m)頂上

  

     平標山(1983.7m)頂上               もうすぐ開会式です                  男子隊出発です

  

         テント設営審査中                   男子食事中                   今日も1日頑張りました

  

       平標山への厳しい登り                  三国峠を下る                   女子7班集合写真

  

       
団体男子5位入賞!                団体女子も5位入賞!              男女アベック5位入賞!

  

15:38 | 投票する | 投票数(19)
2012/06/18

H24年度四国高校登山選手権大会の結果

| by:miyamotot

 平成24年6月15日(金)~17日(日)の2泊3日の日程で、愛媛県石鎚山系の 西之川~ツナノ平~土小屋~石鎚山コースにて第54回四国高校登山選手権大会が行われました。

  梅雨まっただ中の大会ということで金曜日の開会式後からポツポツ雨が降り始めました。翌日はさらに雨が激しくなり、雷注意報が発令されていることもあって、コースを岩原~刀掛~八丁と短縮して、大雨の中でもなんとか登山行動を行うことができました。3日目は成就から今宮道を経由し、大保木公民館へ下山しました。大雨のため楽しみにしていた西日本最高峰でもある石鎚山への登頂は叶わず、残念でしたが、全員が無事で元気に帰校できたことが何よりだったと思います。

 結果は、アウェーが圧倒的不利と言われる四国大会で、男女とも悪天候のためいろいろとミスはしたものの、地元愛媛の高校との接戦をなんとかものにし、男子は2年ぶり、女子は3年連続、そして城ノ内高校として2度目の四国大会アベック優勝をすることができました。今回も多方面からの応援、本当にありがとうございました。
 
   結  果      ○  男子団体   優  勝    (2年ぶり2度目)       94.6点    
              (野間 隆礼 ・ 石田 晃基 ・ 河野 健人 ・ 山田 雄大)

             ○  
女子団体   優  勝   (3年連続4度目)        93.9点    
              (武田 真帆 ・ 島田佳南里 ・ 出口 優希 ・ 真鍋はるか)
             
 
 次はいよいよ 8月7日(火)~11日(土)において、登山は新潟県苗場山・平標山・三国峠一帯にてインターハイが行われます。高校3年生にとっては最後の大会となります。四国大会の余勢を駆り、悔いの残らない大会にするよう頑張りたいと思います。


        石鎚山(1982m)頂上             夜明峠から石鎚山を望む              女子優勝カップ返還  

  

        テント設営審査直前               雨の中でも元気です               男女アベック優勝!

  
05:38 | 投票する | 投票数(17)
2012/06/06

H24年度県高校総合体育大会(登山競技)結果

| by:miyamotot
 平成24年6月2日(土)~4日(月)の2泊3日の日程で、剣山山系 剣山~次郎笈~丸石~奥祖谷かずら橋の昨年と同じコースにて県高校総体登山競技が行われました。
 初日は貞光工業高校に集合し、開会式を行った後、設営・炊事・知識審査などを行い、そのまま時は流れていきました。

 2日目は4時起床で、その後バスに乗り見ノ越へと向かいました。到着後トイレをすませ、第2駐車場から剣山頂上を目指しました。昨年とは違い、雨こそ降りはしませんでしたが、濃いガスが立ちこめ、剣山・次郎笈とも昨年同様美しい眺望を臨むことができませんでした。そして丸石小屋で昼食をとり、奥祖谷かずら橋を経由し、名頃小学校に幕営しました。

 名頃小学校は過疎化のため児童数が減り、本年度より休校となっており、毎年総体のたびにお世話になっていたことを思うと時代の流れとはいえ寂しい限りです。来年以降もずっと総体の幕営地として利用できることを切に願います。そして夜は毎年恒例の各校の出し物による交流会で大いに盛り上がりました。

 最終日は昨日とは打って変わって晴天で、塔ノ丸までの登山を満喫することができました。

 結果は、女子の体力面にやや不安はあったものの、男女とも体力・歩行・設営・気象・炊事・医療など各分野において安定した力を見せ、4年連続アベック優勝することができました。今回も多方面からの応援、本当にありがとうございました。

   結  果    ○  男子団体   優  勝   (5年連続5度目)   990点    
                   (野間 隆礼 ・ 石田 晃基 ・ 河野 健人 ・ 山田 雄大)

            ○  女子団体   優  勝   (4年連続7度目)   975点    
                   (武田 真帆 ・ 島田佳南里 ・ 出口 優希 ・ 真鍋はるか)

           ○      男子優秀選手 野間 隆礼  ○      女子優秀選手 武田 真帆

 次は男女とも6月15日(金)~17日(日)に愛媛県の石鎚山系一帯で四国大会が行われます。男子は昨年のリベンジ、女子は3連覇を目指して頑張ってきます。


        剣山(1955m)頂上             ジロウギュウ(1930m)を望む              奥祖谷かずら橋にて
               
   

         テント設営審査中                  濃霧の中の登山                     名頃小へ帰還


    

        4年生も元気です                           男子5連覇                     女子4連覇

                    
22:05 | 投票する | 投票数(12)