> 部活動> 登山部 

部長から

登山部

イラスト:OGの栗本さんの作品

 そもそも登山部とは謎に満ちている。この話題になるとほとんどの人は「登山部って何するん?」とか「山に速く登った方が勝ちなんだろ?」という風に聞いてくるが,現実はそんな単純なものではなく,もっと奥は深い。でもこれは入部してみないと分からないところが残念である。
 実際,登山の大会は体力はもちろん,地図の読み方や天気図の書き方,キャンプの楽しみ方,料理の仕方,応急処置の仕方や雲や植物の勉強など,安全登山をするために必要な知識や技術をどれだけ習得しているかという観点で競われている。学校の勉強(地理や地学,生物)にかなり関係しており,部活動をしながら学習ができるものはきっと登山部ぐらいのものだろう。
 また,ラジオの放送を聴きながら天気図を書いたりするので気象予報士に興味がある人もかなり役に立つ。過去には徳島の気象台の方に教えてもらっていたこともある。
 それ以外にもここでは言い尽くせないことがたくさんあるので,こんな部活動に興味のある人。一度ぜひ見学に来てみてください。新しい発見があること間違いなしです。
 私達登山部は,仲良く,楽しく,勝負強くをモットーに活動しています。練習登山や合宿においては山や自然に親しむ一方,大会においては常に優勝することを目標に掲げ,昨年度は県内大会のほとんど男女とも優勝し,四国大会では男女アベック優勝(男子は2連覇・女子は4連覇),インターハイでも好成績を収めるなどこれまでの集大成ともいえるような素晴らしい結果を残すことができました。本年も登山部は更なる飛躍を遂げ,今まで果たせなかった全国の頂点を目標に部員みんなで力を合わせて頑張ります。

 

登山部紹介

登山の大会は何をしているのかということをもっと知りたい方はこちら
                         → 登山部って何してるの?
登山部の過去 (Since H13~ ) の大会実績はこちら → 過去の大会実績
登山部の過去の活動実績はこちら → 平成22年度活動実績 
                    平成23年度活動実績 
                    平成24年度活動実績 
                    平成25年度活動実績 
                                                             平成26年度活動実績 
                                                             平成27年度活動実績 
              平成28年度活動実績
              平成29年度活動実績

 

平成30年度以降の活動

登山部平成30年度以降の活動
12
2019/09/30

登山競技選手権大会

| by:2019019
 9月28,29日,登山競技選手権大会が万石山・藍染山・高尾山を会場に開催されました。登山競技の審査内容を理解してもらうために,新人大会の前に行う県独自の大会です。個人の登山技術を高めるため個人成績をつけ,各学校上位3名の合計順位で団体成績が決まります。
 28日(土)幕営地の板野高校に集合。開会式の後,天気図作成の講義と審査,読図の講義と山行に必要な知識(医療・気象・自然観察)審査を行いました。夕食後,明日の行動に備えて9時半に就寝しました。
 29日(日)4時半起床。まだ薄暗いなか朝食をとり,6時15分板野高校を出発。万石山・藍染山・高尾山の周回コースを歩き,行動中に必要な”読図”と”行動記録記入”の技術審査を行いました。
 成績 男子個人 2位 野口雄平 6位 臼杵昂祐 12位 吉田智理
    男子団体 2位
    女子個人 4位 林美哉子 5位椎野向帆 7位横瀬梨乃
    女子団体 2位
 新人大会では一つ上の成績を残せるよう知識・技術・体力向上に励みたいと思います。
  出発前              登山口で実地講習        山行中休憩
   

  山行中(行動記録の記入)     閉会式             閉会式後全員で
   
18:31 | 投票する | 投票数(6)
2019/06/17

県高校総体

| by:2019019
 6月1日(土)から3日(月)に県高校総体登山競技が行われました。
 大会1日目(6/1)つるぎ高校にて開会式。その後、知識・設営・炊事審査が行われました。夕食後、明日の行動準備をして、21時に就寝しました。
   夕食の様子
   

 大会2日目(6/2)
 朝4時起床、朝食後テントを撤収。5時40分に集合してバスに乗車し、見ノ越へ向かいました。今日は、剣山登山口の見ノ越から剣山に登り、次郎笈・丸石山を経て奥祖谷かずら橋に下る縦走です。剣山頂上まで各チームで行動し、制限時間内のゴールを目指します。登りだしてから次第に雲が厚くなり、頂上は風が強く非常に寒かったです。剣山を再出発し、次のチェックポイントを目指します。この頃には小雨が降り出し、雨合羽を着用しての行動となりました。
 奥祖谷かずら橋からは車道を歩き、旧名頃小学校に到着。この日は幕営をせず体育館で就寝です。夕食後は交流会があり、他校の登山部員と親睦を深めました。
   朝の集合の様子          雨の中を進む男子チーム
  
 大会3日目(6/3)
 大会最終日は旧名頃小学校から夫婦池へバス移動し、塔丸までピストン(往復)します。雨も上がり、さわやかな朝となりました。樹林帯を抜けると笹原となり、昨日歩いた剣山や次郎笈がよく見えます。
 塔丸から戻った後、バスでつるぎ高校へ戻り閉会式を行いました。
 残念ながら優勝は逃しましたが、男女とも2位となり四国大会への出場権を得ることができました。

  出発前、夫婦池にて        提出前に読図ポイントを確認
   

   オープン参加のC隊の様子       応援ありがとうございました
   
16:05 | 投票する | 投票数(3)
2019/04/13

練習登山 大山~あせび公園

| by:2019019
4月13日(土) 
今月2回目の練習登山は、上板町の技の館から大山寺に登り、板野町のあせび公園まで縦走しました。
大山からアップダウンが続く行程10kmのハードなコースでしたが、参加者全員元気に完歩できました。

 大山寺の大イチョウ       大山頂上            あせび公園から徳島市内を望む 
   

展望台にゴール!(後ろは香川県)

16:41 | 投票する | 投票数(4)
2019/04/13

練習登山 ~太龍寺山~

| by:2019019
4月7日(日) 新年度初めての練習登山は太龍寺山に登りました。
阿南市加茂町の登山口から登り、阿瀬比に下りました。
太龍寺境内は桜が満開でした。

   桜の下で           本堂の前にて        コース上にある弘法大師像

16:23 | 投票する | 投票数(5)
2019/03/21

H30年度登山部卒部式

| by:2018022
平成31年3月1日(金)の卒業式の後、今年も中学校の理科室をお借りして高3生7名の卒部式を行いました。
 この学年は男子4人女子3人で、
全員高1の最初から入部してくれたメンバーでした。また先輩から引き継いだ良き伝統を守りながら、堅実かつ着実に努力を積み重ねてリーダーシップを発揮し、よく部員をまとめてくれました。その結果、四国大会こそ苦杯を舐めましたが、男女とも総体に優勝し、インターハイにもアベックで出場して好成績を収めるなど、たくさんの輝かしい実績を残すことができました。そして昨年同様後輩たちにいい影響を与えてくれました。

 卒業してそれぞれの進路に進んでも、部活動で培った経験を忘れずに頑張って下さい。3年間本当にお疲れ様でした。


            会場の様子                           全員集合

  
22:01 | 投票する | 投票数(6)
2019/03/21

H30年度登山部各種表彰

| by:2018022
平成31年2月11日(月)に徳島グランヴィリオホテルにおいて、平成30年度徳島県体育協会のスポーツ優秀者に部員4名が選ばれ、表彰式に出席しました。
 このスポーツ優秀者表彰制度は12年前に創設され、団体競技の場合でも全国大会で入賞した個々に県の体育協会からその栄光を称える盾が贈られます。また下記の徳島県藍青賞は教育委員会の表彰であるので、主に小中高生の団体に与えられますが、こちらは体育協会に加盟している団体すべてが対象であるので、一般の方々やローラースケートやスポーツチャンバラ、サーフィンなど学校のスポーツの大会にないような様々な競技に対しても表彰されます。本校登山部は3年前の平成27年度の滋賀インターハイで女子6位以来の表彰となります。
 表彰式では会長の飯泉嘉門徳島県知事から1人ずつに盾が手渡されました。非常に光栄なことで、また来年も頂けるよう今後も一層励んでいきたいと思います。

 次に、その5日後の2月16日(土)に板野町の徳島県総合教育センターで行われた、徳島県藍青賞表彰式に出席しました。
 この賞は文化・スポーツの分野において顕著な功績を上げた、徳島県の児童・生徒および団体に与えられるものです。体育の分野では具体的には全国大会入賞(8位以内)にしか与えられず、教育委員会主催の表彰では最も権威のあるものと位置づけられています。今回は様々な分野において県下で総勢118名の個人・団体が受賞しました。
 本校登山部は三重インターハイで男子が8位という結果、男子は6年前に引き続き今回で4度目の受賞となりました。男女併せて10回も授与して頂けるのは大変光栄なことでもあるし、何より今後の励みになりました。今後も藍青賞の受賞団体として恥じないような活動をしていきたいと思います。


  藍青賞表彰式(総合教育センター)     徳島県体育協会表彰式(グランヴィリオホテル)

    
21:50 | 投票する | 投票数(6)
2019/03/21

H30年度登山部秋山合宿

| by:2018022
 平成30年11月23日(土)~24日(日)の1泊2日の日程で、H30年度の秋山合宿を行いました。登山部の活動はどうしても大会のための山行が多く、紅葉を見ながらのんびりと山を歩いたり、BBQをして部員同士の親睦を深めたりといった、楽しんで登山をする機会が少ないため、以前よりずっと企画しています。本来なら他の学校同様、夏山合宿にも行きたいのですがインターハイなどの兼ね合いで難しいため、実質これが年に一度の息抜きの行事となっています。当初は10月上旬に行う予定でしたが、悪天候のためこの日程に変更となりました。

 1日目はまずは国見山(1409m)に登りました。11月下旬ということで日も短くなり夜は寒いということもあって、恒例のBBQの時間を前倒しするため、いつもの後山峠ではなくその上の林道登山口よりスタートしました。防火帯の尾根をひたすら登り、ブナの稜線にたどり着くと20分ぐらいで頂上に着きました。天気は曇りで、時折雪がちらついていましたが、頂上からはそれなりに景色を楽しむことができました。その後、頂上直下の小屋で昼食をとり、寒いため早々に下山。そしてそれから車に揺られること50分で、本日の宿泊地である「楽校の里あるせ」に到着しました。ここは旧西祖谷山村にある人気の宿泊施設で、廃校となった旧有瀬小学校を宿泊体験施設に改修して、地元の人たちが運営しています。滞在中は非常に世話を焼いていただきました。そして荷物の整理を各自行い、上級生下級生ともお互いそれぞれ協力してBBQの準備をし、その日は楽しく過ぎていきました。
 
 2日目は三方山(1303m)に登りました。この日は晴天に恵まれ、幸運にも雲海の絶景に出会うことができました。各自朝食を済ませた後、林道登山口から登山開始。海外からのボランティアの方の手作り標識に導かれ、途中「ふね」と呼ばれるところや山姥伝説の池を経由し、頂上に到着しました。天気も快晴で梶ヶ森や土佐湾も望むことができました。しばらく景色を堪能した後下山し、その後温泉で汗を流して帰路につき
、無事秋合宿を終えることができました。また来年も楽しい秋合宿を考えますので部員の皆さん楽しみにしていてください。


   国見山(1409m)      楽校の里あるせ       BBQの時間



    雲海の絶景①          雲海の絶景②                  「ふね」にて集合



   三方山(1303m)     頂上からの風景                冬の気配


13:58 | 投票する | 投票数(5)
2019/03/21

H30年度県高校新人登山大会の結果

| by:2018022
11月も半ばを過ぎ、冬の到来を感じる晩秋の最中、平成30年11月17日(土)~18日(日)の1泊2日の日程で、勝浦町の中津峰山一帯においてH30年度県高校新人登山大会が行われました。この大会は9月に行われた選手権大会とは違い、次年度の総体の前哨戦となる本格的な大会です。
 また昨年に引き続き県下各高校から男女合わせて67名、そして男子13チーム、女子6チームという、昨年にも増して多数のパーティーが参加しました。参加チーム数が多いと、大会に活気が出る上に、いい緊張感が生まれ頑張ろうという気が湧いてきます。

 1日目は小松島西高校勝浦校を会場に、テント設営・炊事・各種知識審査が行われ、夜の交流会では各校が出し物などを行って大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

 2日目は5時に起床し、昨日同様晩秋の青空の下、7時に登山行動を開始しました。今回のコースである中津峰山(773m)は徳島側からはたくさんのコースが整備されています。また車でもほとんど登れるため、徳島市民の憩いの山として非常に人気があり、大会当日も頂上でくつろぐ登山者に出会いました。その一方、勝浦側からの四国のみちを通るコースは標高差740mを一気に登るため、剣山山系にも劣らない非常に厳しいコースでもあります。特に星の岩屋からは階段の続く厳しい登りと秋の台風の影響が残る倒木の多い道が長く続きましたが、全員が日頃のトレーニングの成果を発揮して1人も遅れることなく完走することができ、気持ちのよい登山をすることができました。

 結果は、男子は4年生の野口君が高校1年生ながら奮闘し、個人優勝。一方女子はペーパーテストの
ミスが多く挽回が不可能となり、またもや池田高校に完敗し、10年続いた連覇を明け渡すことになってしまいました。

 最後に今年1年を振り返ってみると、本校登山部は総体では男女とも接戦を制しアベック優勝を収めることができましたが、四国大会では逆に男女とも池田高校にリベンジされ苦杯をなめました。インターハイでは男子は入賞まで今一歩の8位となり、有終の美を飾りましたが、高3引退後は男子部員が1人となり、団体戦に出場できないという状態になりました。女子も高3引退後は立て続けに池田高校に敗れてしまうなど、非常に残念な結果に終わってしまいました。今はいろいろなものを失い、何もかもうまくいかず苦しい時期ですが、冬場はより一層トレーニングに励み、4月からは新入部員をなんとしても迎え、新生城ノ内高校登山部として臥薪嘗胆の思いで一からのスタートで努力していきたいと思います。そして新しい時代では結果を残すことができるように頑張ります。
 最後にこの場を借りて活動を支えて下さったたくさんの方々にお礼申し上げます。多方面からの応援本当にありがとうございました。そして来年度もよろしくお願いします。


 結  果      女子団体  2 位     95.0点    
           (
福池 夏実・藤井 結萌・林 美哉子・椎野 向帆)
     
                   
              ○ 男子個人   優 勝       野口 雄平  80.8点

                 


    中津峰山をバックに      中津峰山(773m)       滝と紅葉



    開会式の様子         優勝カップ返還         テント設営の様子



  ペーパーテストの様子      女子夕食風景         夕暮れの幕営地



     女子行動中        閉会式の様子           団体女子2位




12:36 | 投票する | 投票数(4)
2019/03/21

H30年度県高校登山競技選手権大会の結果

| by:2018022
 平成30年9月29日(土)に板野郡上板町の大山一帯で、H30年度県高校登山競技選手権大会が行われました。この大会は新しいチームのための研修会的な要素が強く、個人戦があり、団体戦の順位はその順位点の低い3人の合計で競われます。今回も県下各高校から、男女総勢72名が参加しました。
 しかし本校登山部は、先のインターハイで男子部員が1人となってしまい、12年ぶりに男子団体戦に出場できない寂しいものとなりました。

 本来の予定では9月29日(土)~30日(日)の1泊2日の日程で、初日は各種知識・実技講習、2日目は大山での読図講習が行われるということでしたが、30日(日)に台風24号の四国接近が確実で、ほぼ間違いなく暴風警報が発令されると言うこともあり、顧問の先生方で話し合った結果、生徒の帰りの足の問題や安全に配慮して日程を1日に短縮して大会を行うということに決定しました。これはH24年度の選手権大会以来の事です。

 そして具体的には、時間の都合上、もう雨も降り始めているということもあり、初日のテント設営講習と翌日の大山での読図講習をカットして、天気図などの知識審査のみで順位を決定するということになりました。秋の登山を楽しみにしていたたくさんの生徒たちにとっては残念ではありましたが、今回のケースは自然を相手にするスポーツにおいては安全を確保するための「勇気ある撤退」が必要なその場面であり、適切な判断だったと思います。

 結果は、男子は4年生の野口君が高校1年生ながら奮闘し、個人第2位。女子は池田高校に完敗で2位、連覇も7で途切れることになってしまいました。悔いの残る結果となってしまいましたが、これからは追う立場となって、次の新人戦では男女とも優勝を狙いたいと思います。多方面からの応援ありがとうございました。
  

   結  果     
 女子団体  2 位     31点    
           (藤井 結萌・林 美哉子・福池 夏実)
     
                   
                  ○ 男子個人   2 位      野口 雄平  
                 

    開会式の様子       各種講習会の様子     団体女子2位・男子個人2位


12:07 | 投票する | 投票数(4)
2019/03/21

H30年度インターハイ登山大会(三重)の結果

| by:2018022
大変遅くなりましたが8月に行われたインターハイの結果を報告します。
 平成30年8月3日(金)~7日(火)の4泊5日の日程で三重県の鈴鹿山脈一帯にて第62回全国高等学校登山大会が行われました。今年は総体ではアベック優勝を成し遂げたものの、四国大会では男女とも優勝を逃し、悔しい気持ちでいっぱいでしたが、気持ちを切り替えて最後の意地を見せる強い気持ちで臨んだ大会でした。

 事前合宿と下見のために7月29日に三重入りしました。しかし前日の台風の余波がまだ残っており、今ひとつ天候がすっきりせず、大半は濃いガスの中での下見となりましたが、時折ガスが切れ、素晴らしい眺望を望むこともできました。また出発前から恐れていたヤマヒルの被害を誰も受けることなく、このように前年同様やや不完全な状態ながらも、現状での最善を尽くし本番へと臨みました。


 大会中は一転して、晴天で記録的な猛暑が続き、そのため安全面を配慮して行動3日間ともコース短縮がなされました。これは猛暑で10チーム以上がリタイヤした平成19年の佐賀インターハイ以来のことでした。
幕営地である三重県民の森も標高200mあまりで、暑さのため十分な睡眠が取れないことを危惧していましたが、意外にも山から涼しい風が吹き、快適にテント生活を過ごすことができました。登山行動についてはコース短縮により、リタイヤするチームもほとんどなく、本校登山部も全員、全行程を歩ききることができました。

 結果はコース短縮の影響で例年に比べハイレベルな争いとなり、特に上位校のレベルは異常に高かったのですが、そのような中でも男子はミスを最小限に抑え、入賞はなりませんでしたが8位という成績を収めることができました。ただ今回もペーパテストのミスのため入賞を逃したことは残念でした。女子も奮闘はしたものの、体力点の減点が意外に多かったことと読図や装備のミスがたたり、21位と近年では少し物足りない結果に終わりました。今年のメンバーも例年に比べて小粒な感じは否めませんでしたが、個々が持ち味を生かして努力しましたが、本年もあと一歩及びませんでした。やはり入賞するには読図は満点が必須というです。そのためには個々が能動的に地図に親しむ機会を持ち、今まで以上に意識を高め、集中して練習に取り組む必要があると再確認しました。

 最後に大会を振り返ってみると、今回のコースは奇岩が点在する、標高は低かったけれども見所と登りがいのあるコースでした。中でも御在所の地蔵岩は一見の価値のあるものであったと思います。そしてこの思いを胸に、来年の宮崎インターハイに再び出場し、入賞することを目標に頑張っていきたいと思います。6年生はこれで部活動は引退となりますが、これからはこの経験を生かし、受験を乗り切って下さい。 
 今回も多方面からの応援、本当にありがとうございました。




    結  果      ○  男 子 団 体   8  位       98.7点    
       (
北野 優     ・ 国重 俊輔 ・ 内藤 勇魚 ・ 武市 悠 )

           ○  
女 子 団 体   21   位       96.0点    
       (辻 瑛衣美    ・ 新開 未玖   
・ 藤井 結萌 ・ 福池 夏実

   


           御在所岳中登山口                 奇岩 地蔵岩               国見岳(1175m)

        

     御池岳(972m)           釈迦ヶ岳(1092m)         気持ちのいい稜線



    鎌ヶ岳(1161m)     200名山 御在所岳      ゆるきゃらの「こもしか」



    開会式会場にて                   テント設営の様子              女子夕食風景

  

      早朝の幕営地                     交流会の様子             男子夕食風景



  御在所岳(1212m)                 岩の上にて            ロープウェイをバックに

 
 
  4日間お疲れ様でした                 B隊6班集合                  集合写真


  

05:08 | 投票する | 投票数(4)
12

活動の様子

登山部

インターハイの様子を開きます。
20枚
インターハイの様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(5票)
県内大会・四国大会の様子を開きます。
20枚
県内大会・四国大会の様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(0票)
国体の様子を開きます。
4枚
国体の様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(1票)
練習の様子を開きます。
24枚
練習の様子

登録者:Web担当者 | 2010/01/20(1票)