> 学校紹介> 沿革> 第2・3期工事 

城ノ内の誕生(第2・3期工事)

第2・3期工事 昭和55年6月着工



▲パイル打ち始まる。



▲北館の基礎工事風景(S55年9月撮影)




▲北校舎完成間近(S56年1月)



▲南館と北館がつながる



▲正面玄関の文化壁画は,県内の美術の先生5名の手に成る。



▲アセンブリホールは各種集会などに利用されている。



▲家庭科試食室の内装工事



▲整地前の運動場は瓦礫の山であった。



▲教室内の内装工事

 

▲現在の教育会館,看護会館の場所に第2グラウンドがあった。



▲ほぼ整地の終わった運動場



▲中庭は煉瓦を敷きつめ,ゆとりの空間となっている。



▲完成した礼法室。家庭科の重視は城ノ内高校の特色であった。