> 学校紹介> 学校経営の方針 

学校経営の方針

1 本県の基本目標
 『とくしまの教育力を結集し、未来を創造する、たくましい人づくり』
  ~県民とともに考え、ともに育むオンリーワン教育の実現~


2 本校の教育目標
   教育基本法の精神に則り、個人の尊厳と人権を尊重し、校訓「自主・協同・前 進」をふまえ、人間性豊かな生徒を育てるとともに、わが国及び国際社会の一員としての自覚に立ち、創造性に富むたくましい人間の育成をめざす。


3 教育方針

  高い志をもって社会の平和と発展に貢献できる人材の育成
  ―豊かな人間性、国際性、創造性を育む中高一貫教育―
  
  この方針に基づき、全校教職員と生徒相互の理解と協力によって、知・徳・体 の調和のとれた教育活動を推進し、教育目標の達成に努める。


4 本年度の重点目標 
 ① リーディングハイスクール事業の推進
   中高一貫教育校のメリットを最大限に活かし、グローバル人材の育成をめざすとともに、進学面等において本県中等教育を牽引する学校づくりに取り組む。
 

(ア)  中高教職員の緊密な連携のもと、よりよい指導計画や指導方法の工夫改善に努め、「先取り学習」の効果的な指導方法および「単位制」の有効な運用方法を確立する。

(イ)  研究授業や授業研究会、参観授業さらには授業評価を計画的に実施し授業力の向上に努め、生徒が主体的・協働的に学ぶ授業展開を研究・創造する。また,授業と家庭学習、定期考査と実力テスト等を効果的に関連させることにより、確かな学力を育成する。

(ウ) 「総合的な学習の時間」等の探究的学習、体験的活動等を通じて、確かな進路観や職業観を培い、自己の生き方を考える力を育成する。

② 人権教育の推進
  人権教育をすべての教育活動で計画的・継続的に推進する。特に、学級活動・ホームルーム活動や学校行事等において、具体的な人権課題の解決に主体的に取り組む態度を育成する。


③ 基本的生活習慣の確立と道徳性の涵養
  組織的な指導体制を確立し、明るく和やかな校風づくりをすすめる中で、望ましい基本的生活習慣の定着を図るとともに、豊かな心を養い、いじめの未然防止に努めるなどの道徳的実践力の育成を図る。


④ 災害を迎え撃つ防災教育の推進
   防災教育を徹底し、地震・津波や台風などの災害へ備えるとともに、地域防災を担う人財を育成する。


⑤ 環境教育の推進
  校内外の美化・緑化を進め、学習の場にふさわしい環境を整えるとともに、参加体験型学習や自然保護活動を通じて環境を保全する担い手を育成するなど、広く環境教育を推進する。 
 
⑥ 主権者教育の充実
  中高それぞれの段階において、政治や選挙制度に対する理解と参加意識を高め、参加体験型学習などを通じて、自ら考え、自ら判断する主権者を育成する教育の充実に取り組む。


⑦ 特別活動の活性化
  中高それぞれの発達段階に応じた学校行事や部活動・生徒会活動等のより一層の活性化を図り、心身の調和のとれた人間形成を図る。


⑧ 開かれた学校づくりと郷土愛を育む教育の推進
  オープンスクール、公開授業など教育活動を公開し、ホームページ等を通じて情報の発信と啓発に努める。また、地域等との連携を深め、地域資源を生かした多様な体験・交流活動を通じて郷土を愛する心を醸成する。